定時制 通信制 スペース・イオ
秋田県立秋田明徳館高等学校 
HOME 学校案内 定時制課程 通信制課程 スペース・イオ 事務室
 
定時制課程
説明: 緊急連絡   平成29年度卒業証書授与式の様子
メニュー
     冬の名残の雪が舞う3月2日(金)、本校同窓会会長熊谷重隆様をはじめとする多くの来賓の方々をお招きし、秋田県民会館で平成29年度の卒業証書授与式が行われました。
   
   
   
   
   
   
       
     
 定時制課程104名、通信制課程56名の一人一人が壇上に上がり、畠山真一校長から卒業証書が授与されました。畠山校長は式辞の中で、「今年は定通教育70周年の節目の年である。本校は勉強したいという意欲のある生徒の礎であり、学びは実践してこそ意味あるものである。『一生勉強、一生青春』を心に留め、学ぶ姿勢を持ち続け歩んでいってほしい」とエールを送りました。
       
       式辞に続いて、熊谷同窓会会長から祝辞があり、「今日の姿は卒業したことの誇りに満ちあふれている。卒業後進む道はいくつも分かれているが、『努力する者は希望を語り、怠け者は不満を語る』と言われている。生涯学び続けることを忘れず、自信を持って母校を後にしてほしい」と話されました。
       
 
 
 
       祝辞の後、在校生を代表して2年次Ⅱ部の谷千裕さんから、「先輩方と過ごした日々が昨日のように思い出されている。皆さんが歩んでいく道は決して平坦ではないと思うが、母校で培った経験を活かし打ち勝ってほしい。明徳館高校を受け継ぐ私たちは、一生懸命精進していく」と思い出を込めた送辞があり、卒業生を代表して3年次Ⅱ部の鎌田大成君からは、「未来に向かって期待と不安が入り交じっているが、この三年間の思い出はかけがえのない宝となった。辛い経験も楽しい経験も必ず力になる。助けを求めることを恐れず進んでほしい」との答辞がありました。
       
       
       卒業証書授与式に引き続いて、同窓会入会式が行われました。熊谷会長からの歓迎の言葉に続き、4年次Ⅰ部の佐藤輔君に記念品の目録が贈呈されました。佐藤君からは「歴史ある同窓会に加えていただき感謝している。今後は同窓会員として、微力ながら母校を応援していきたい」と頼もしい言葉がありました。
 卒業生は在校生から花束などをもらい、「心豊かに朗らかに」学び舎を後にしました。
 式に御参加いただいた皆様、お忙しい中、誠にありがとうございました。
  
       
入試情報
進路状況
学校行事
部活動・同好会
保健・教育相談
生徒会
中期ビジョン
学校評価
いじめ防止基本方針
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 秋田県立秋田明徳館高等学校
  〒010-0001 秋田県秋田市中通2丁目1-51(アクセスはこちら)
  TEL:018(833)1261 (代表)
     018(833)2391 (定時制職員室)
     018(834)0473 (通信制職員室)
  FAX:018(833)1162
  e-mail:meitoku-h@akita-pref.ed.jp